274557331_4664592110334242_7168050574025294738_n.jpg

​高野 晶

​たかのあき

  

<Career>

2同年より高松のLGBTサポートグループ“PROUD”で社会

活動を始め、副代表を務めた。
2009年、性別適合手術を受け、戸籍の性別を男性から女性に変更 (高松市初の戸籍の性別変更)。
現在、エステティシャン、ビューティーカウンセラーとして働きながら、トランスジェンダー・LGBTアクティビストとして活動。

香川県教育委員会のサポートによる小・中・高・特別支援学校での講演、行政機関、県外の大学でもLGBTの講演活動を続けている。
自分の性に悩むLGBTの子どもたち、その子どもを持つ親、

関わる先生のサポートも務める。

2012年にはリカルデント『わたしが目醒めるプロジェクト』にて、自分自身がトランスジェンダーであることをカミングアウトした上でエントリー。4400名以上の応募者の中から「100人の女性」に選出され、世界的に有名なフォトグラファー レスリー・キーの

被写体になった。

■専門分野
性同一性障害/トランスジェンダー/多様な性/人権/LGBT/LGBT研修/教職員研修/こどもの性/医療と性/LGBTと社会/LGBTと仕事/LGBTと家族/働く女性/女性と性/女性の美
■活動歴
香川県教育委員会の依頼によるLGBT研修会講師を香川県内の小・中・高・特別支援学校で務める。(学生、教職員対象)香川県人権・同和教育主任研修会 (教職員対象) ほか、PTA、保護者依頼によるLGBT研修会講師
川崎医療福祉大学(保健看護学科母性看護学非常勤講師)
兵庫医療大学(保健看護学科母性看護学概論非常勤講師)
近畿大学(教職員対象LGBT研修講師)
奈良女子大学(日本発達心理士会奈良支部主催研修会講師)
香川県人権・同和教育指導者養成講座講師(行政職員対象)
小豆島しあわせづくり研修会講師(一般、行政職員対象)
丸亀市人権政策推進本部研究会意見交換会講師(行政職員対象)